島の未来のための活動 支援者募集

近況

近況 ・活動状況

里海再生実証試験の継続自主活動の報告をアップしました。

こちら、里海再生実証試験・継続2をご覧ください。

役員変更

活動報告書で触れているように健康上の理由から役員を変更しました。
新役員は、
理事長  高井 直人  再任
理事   春山 斉宏  新任
理事   田中 昭吾  新任
監事   若林 茂樹  再任

里海の再生を目指して

湾内の赤土汚染対策、浮泥、汚泥除去の実証試験を行いました。里海再生実証試験報告里海再生実証試験・継続1を参照されてください。
少しの予算があれば確実にきれいになって行きます。
マイクロバブル特殊ポンプは効率化が可能です。協力者を求めています。

道の島古道

画像の説明 画像の説明
道の島古道は観光的にも認知されだしているようです。シマ博覧会でも取り上げられています。
奄美に点在する考古学上重要な意味を持つ古道の再生はそれ自体が観光資源となりうると共に、道の島奄美の歴史的位置づけを明らかにし力強い島輿しを可能にすると考えています。

特に、本地域は、帆船の時代、北上する風待ち湊として重要な入り江であったため、考古学で最近注目されている近くの赤木名グスクと結ぶ古道は、最重要古道と考えています。

ねこのて事業を始めました。

草刈、軽大工、廃食油の回収などから行っています。

体験移住プログラム始めました。

当施設に長期滞在していだき地域の行事や仕事を経験してもらうものです。
これまでの経験から地域になじめずまた転出していく方をよく見ます。
これは沖縄でもどこでも同じのようです。
旅で訪れたイメージと生活することとは別ということです。
また安定した仕事に就くことの難しさ。
当施設は、自炊できますので1月から3ヵ月滞在して島の生活を体験してもらうものです。
転出されるにしても、自らの望むライフスタイル、人生設計が見えてきて有益だと思います。
3か月くらいは過ごしてみる事をお勧めします。
コテージのレンタル代30,000円
ライフスタイルガイド代20,000円 移住者の紹介、行事、奉仕活動などのムラ社会の案内など
詳しくは、お問合せください。
090-9577-4175 高井まで

2014年の活動目標をトップページに掲載しました

a:1269 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional